松山市の
大街道商店街から始まった、
笑顔を届けるお菓子づくり

株式会社母恵夢は、昭和31年に松山市の大街道商店街からはじまりました。
バターや卵を使ったお菓子が贅沢だった時代。母恵夢の甘い香りが家族を包み込む、幸せな風景がそこにはありました。

母恵夢の歴史(沿革)

  • 1950〜
    1980年代
  • 1990年代
  • 2000年代〜
    現在
1956年
(昭和31年)
有限会社 今治権太松山店として創業
1960年
(昭和35年)
松山三番町に新工場建設、操業に入る
1962年
(昭和37年)
松山二番町に新工場移転、設備・規模を拡充
1956年
(昭和31年)
阪神地区における販売店開設
1965年
(昭和40年)
1月/ベビー母恵夢販売開始。
12月/中国地方への進出、広島営業所開設
1966年
(昭和41年)
7月/1,300坪、新鋭機械を備えた本格的大工場を松山市鷹子に新設。
10月/株式会社 菓舗権太設立。今治権太より分離独立。
1968年
(昭和43年)
7月/大街道に「ポエムロビー」開店。売店・画廊・喫茶室を備えた松山大街道のオアシスとして好評を得ました。
1970年
(昭和45年)
日本万国博覧会(大阪)に母恵夢を出品。
1975年
(昭和50年)
12月/本社社屋及び配送センターを松山市天山に新設移転。松山市本町に「ベルポエム」開店。洋菓子販売に加え喫茶を併設。
1976年
(昭和51年)
8月/社名を「株式会社母恵夢」に変更。
1977年
(昭和52年)
社内報“ぽえむだより”が、社内報コンクールにて優秀作に選定される。CIを導入。
1978年
(昭和53年)
日本食品衛生協会による食品衛生優良施設として松山工場が厚生大臣賞を受賞する。
1979年
(昭和54年)
松山市鷹子に第2工場(洋菓子部)が完成。
ベルポエムより移転する。
1982年
(昭和57年)
「モンポエム」開店
1983年
(昭和53年)
6月/ベルポエム仏蘭西亭オープン。当時四国には4名しかいなかったソムリエのいるお店として注目を集める。
1985年
(昭和60年)
八幡浜に「八幡浜ポエム」開店
1986年
(昭和61年)
POS管理システム導入。
  • 1950〜
    1980年代
  • 1990年代
  • 2000年代〜
    現在