Loading...

「母恵夢スイーツパーク」の楽しみ方 part.2

“スイーツパーク”という名前がつけられているように、
「母恵夢スイーツパーク」はお菓子のテーマパークをめざしています。

母恵夢が作られる様子を家族みんなで見学したり、
おじいちゃん・おばあちゃんの時代からある
昔懐かしいおもちゃで遊んだりする時間を通して、
家族のつながりが自然と生まれるような場所になれたらいいな。

そんなふうに考えながら、展示や遊びのコーナーを準備してきました。

オープン当初は、「みなさんの反応はどうかな〜?」と
ドキドキしていたのですが、私たちが思い描いていたような
楽しみ方をしてくれているお客様がいっぱい!

もっとたくさんの笑顔が生まれる場所にしていきたいと
意気込みを新たにしています。

では、楽しみ方 part.2と題して、
工場見学通路や遊びのコーナーを紹介していきましょう☆

tsuro

こちらは、工場に併設された見学通路です。

バターたっぷりの生地で黄味あんを包んだ母恵夢が、
ベルトコンベアにのって焼き上げられ、冷まされ、
検品・包装されて出荷されていく一連の過程を
ガラス越しに見ることができます。

製造工程や職人さんのこだわりを詳しく知ることができるのはもちろん、
母恵夢の穴のヒミツ、年間にどれくらい作られているかなど、
“母恵夢ツウ”になれる情報が盛りだくさんですよ♪

ayumi

昭和25年の母恵夢誕生から現在までを追ったヒストリーも展示。

懐かしのパッケージや昔の店舗の写真は、
「昔はこんなふうだったんだ!」「これ覚えてる!」「懐かしい〜」など
世代によって感想が異なるようで、見ていてなかなか楽しいです。

そして、見学通路を進んでいくと…。

iraira

でました!イライラ棒!
壁や障害物に触れないようにゴールを目指す、スリル満点のゲームです。

子どもたちはもちろん、パパ&ママたちもけっこう真剣(笑)
思わず童心にかえって本気になっちゃうんですよね。
高いところが届かない小さなお子様は、
大人の方に協力してもらってチャレンジしてみてくださいね。

tsumiki02

こちらは、販売スペースにある大きな鉢植えのディスプレイ。
実はこれ、大きな積み木で遊べるコーナーになっているんです。

tsumiki

夢中で遊んでいるうちに、知らない子ども同士が仲良くなって、
一緒に作品づくり(?)に励んでいるシーンもよくみかけます。
子どもたちの想像力&創造力には、ほんとに驚かされますよ〜。

これからは、季節に合わせた催事やワークショップなども
どんどん企画していく予定なので、楽しみにしていてくださいね!